ウサギの気持ちを知る方法

誰でもわかる!うさぎの気持ち〜final〜

投稿日:2016年12月2日 更新日:

文頭のご挨拶

皆さん、いつも閲覧ありがとうございます( *´꒳`*)

ちゃちゃ丸の相棒 なな丸です♪

今日は、3夜連続でお届けさせて頂きました「誰でもわかる!うさぎの気持ち」第4弾 最終話を今日も駄文ではありますが、綴って参りたいと思いますm(._.)m

 

簡単なおさらい

先日、飼い主が勉強させて頂いた、うさぎの気持ちを知る方法については、大きく下記の4つあると記載させて頂きました。

現状前回の記事と合わせてステータスを示します。

表情の変化から読み取る→11/28掲載
姿勢の変化から読み取る→11/29掲載
しぐさの意味を知り読み取る→11/30掲載
行動の意味を知り読み取る→本日

ということで、本日は「行動の意味を知り読み取る」ということで、うさちゃんの行動から発信しているメッセージを読み取り方を記載させた頂きます(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

 

ご飯を食べてくれない時

うさちゃんは、常に食べることで腸を動かしています。
丸一日食べないだけで危険な状態時なることがあります。

  • 「ペレットに口をつけない」
  • 「牧草に口をつけない」
  • 「オヤツにも反応しない」

こんな時は早め早めに獣医さんの所へ行くことをオススメします。
取り越し苦労で済むのであれば、それに越したことはないので、是非!

但し、ペレットや牧草を変えた場合などは、作られた時期などでも味や香りが異なるため食べないこともありますので、前のものと混ぜて徐々に慣れさせスライドさせて行くなども必要です( *´꒳`*)

ちゃちゃの場合は、最初はアメリカ産1番刈りチモシーを好んでいました。
その後、アメリカ産チモシーの穂だけにハマり、穂だけを食べたがる時もありましたが、今度はピタリと止まり、そのブームは過ぎ去り…

次は穂はいらない!
という時代が到来しました(´・ω・`;)

そして遂に…
アメリカ産1番刈りを食べなくなり、食べてもらえるように色々なチモシーを試して辿り着いたのが、本当はアメリカ産の固いのが良いのですが、泣く泣くカナダ産チモシーを試して食べてくれるようになり、そこからはカナダ産しかもう食べてくれなくなりました(´・ω・`;)

とは言え、歯の調子も問題なく毛並みなど含め健康状態は良いので、今はこれで過ごしております♪

人間もそうですが、味の好みは年齢や時期などで変わるので、食べてくれない日が来るかも知れないので、非常食という意味も込めて何パターンかチモシーをストックしています。
ただ、古くなると香りもなくなり益々食べなくなるので、そういう時は近所の小さな動物園のヤギ様に寄付させて頂いております(´・ω・`;)

「1日が命に関わる」
これの感覚で飼い主がいることが、何よりも大事なことですね。

 

餌入れをひっくり返す時

お腹空いたよ!ご飯頂戴!!
この入れ物きらーい!もっと食べやすいのにしてよ!!
このご飯きらーい!

そうです…。
ウサ様のお気に召さない時にこうなります…(´・ω・`;)
昭和のお父さんみたいな、ちゃぶ台返しだと思って下さい(´・ω・`;)

こういう時は、容器を重い物にして回避するか、お気に召す食事にするか、お気に召す入れ物にするかなどするしかなさそうです(´・ω・`;)

牧草を散らかしまくって食べる時
牧草は空気に触れていない方が良い香りがするので、美味しい匂いのするものから先に食べているので、不満などではないです( *´꒳`*)

人間でも、お寿司の好きなネタは先に食べる派?最後に食べる派?っていうのありますよね?
そうです!
こういう食べ方をする、うさちゃんは先に食べる派なのですヾ(o´▽`)ノ゙ギャハハ♪

 

水をあまり飲まない時

容器を変えたのであれば、それが飲みにくい…。

生野菜や果物を食べた日や、湿気が多い日は少し減っていても大丈夫です。

ただ、極端に飲まないのはやはりすぐに獣医さんの所へ行く!という判断が良いと思います。

ちゃちゃの場合は、喉を鳴らしてゴキュゴキュたっぷり飲みます( *´꒳`*)
あまり飲みが悪い日は、かなりぬる目(常温より少しだけ温かいくらい)の白湯にするとゴキュゴキュたっぷり飲んでくれます( *´꒳`*)

 

トイレで寝ている時

うさちゃんは狭いところが大好きで、周りが囲まれている方が落ち着きます。
さらにトイレは自分の匂いがするので、より一層落ち着き眠くなるのだと思います。

うさちゃんは食糞するくらいなので、自分のウンチに対して、人間のように「汚い物」という感覚がないです( *´꒳`*)

飛びシッコをする時
ここは、ボクの縄張りだい!
とマーキングをしています。
ちゃちゃに部屋を与えてから、飛びシッコが多くなりました(´・ω・`;)

部屋なので、より一層縄張り意識が高まったのだと思います。

そして、敢えて飼い主にかけてくることがあります…。
もう何度もかけられました(´・ω・`;)
これは、飼い主に嫌がらせしてやろう!
ではなく、飼い主大好き♪ボクの匂いにしちゃえ♪のあらわれですので、匂いもあるので嫌だとは思いますが、嬉しいことでもあるので、グッ!と我慢して下さい(>人<;)

特に人間は、洗濯洗剤の香り、料理の香り、香水など匂いが変わるので安心するために自分のオシッコで匂いを上書きしようとしています( *´꒳`*)

 

トイレで用を足してくれない時

基本的にうさちゃんは、トイレを決めた場所でしてくれますが、そうならない場合は以下が考えられます。

トイレが大きすぎる
もっとしっくりくる場所がある
トイレが成長ともない合わなくなった

ちゃちゃの場合、三角コーナーのようなトイレでは、しっくりこないようでワンちゃん用のワイドトイレにしたところ、必ずそこでするようになりました( *´꒳`*)

うさちゃんによって、「しっくり」は異なるので、色々試してみるしかなさそうですね(´・ω・`;)

 

オナラした!?と思う時

うさちゃんのお尻には、鼠径線という匂いを発するところがあります。
その匂いが継続している時は、鼠径線に分泌液が溜まっている可能性があるので綿棒などでお掃除してあげるのが良いかも知れません。
しかし、お掃除する際の労力は恐ろしいと思います…。
あのうさちゃんが、黙ってお腹を見せてジッとするなんて想像出来ないですよね(´・ω・`;)

そういう時は獣医さんのお力をお借りするのも手ですね( *´꒳`*)

 

部屋の真ん中で寝ている時

野生では、野原の真ん中で寝ているうさちゃんは想像出来ないですよね?
危険がいっぱい過ぎます(´・ω・`;)

ということは、逆にそれが出来るということは安心・安全で快適な環境を提供出来ているということですね( *´꒳`*)

 

隠れるように寝ている時

カーテンの裏や、部屋の物陰など隠れるような場所で寝ている時は、体調不良の可能性があるので、すぐに獣医さんの所へ連れて行くことが望ましいです。

動物の本能として体が弱ってくると隠れる習性があるので、それかも知れません。

カーテンの裏などは、寒いと体が冷え切りますし、夏は暑さで脱水症状を引き起こす可能性もあるので、注意が必要です。

 

毛がいっぱい抜ける時

換毛期です。
うさちゃんは季節の変わり目に換毛を行いその季節に備えます。

そんな時はブラッシングなどをして、抜け毛を取り除き、なるべく食べさせないようにすることが望ましいです。

ちゃちゃはあまりにも換毛が少ないので、ファーミネーターを購入して換毛のお手伝いをしましたが、やはりそれでも少ないようなので、かなり換毛期が楽なタイプのうさちゃんのようです( *´꒳`*)

 

爪を切ったら血が出た時

うさちゃんの爪には、よく見ると見えるのですが血管が通っています。
誤って傷付けてしまっても痛みはないようです。
でも、私たちはうさちゃんではないので本当なのかはわかりませんよね(´・ω・`;)

なので、獣医さんに問い合わせてみたところ、獣医さんもそのように言っていました(´・ω・`;)

このことから、ここからは痛くないという説を正とした場合の話です。
もしも、誤って傷付けてしまった時は、うさちゃんは痛みではなく、血管が切れたことに驚き動くことで、更に出血してしまう恐れがあります。
そんな時こそ飼い主側が落ち着き、ティッシュで押さえ、圧迫して血を止めます。
その後、病院などで頂いた専用の止血剤を塗れば大丈夫とのことです。

ここで大事なことは…
くれぐれも人間用の消毒液は使ってはなりません!!
舐めてしまい、それがうさちゃんの体には良くありません。

傷付けないことが1番ですが、もしもの時は、このような対処が良いのだと思います。

ちゃちゃの場合は、爪切りがキライなので獣医さんにお任せしています(´・ω・`;)

 

いつも同じサイクルでいいの?

自然界のうさちゃんを想像すると、食べ物、水も困らず、愛され平和に過ごせるということは当たり前ではありません。

故に、不幸ではなく穏やかで平和な毎日を送ってもらえるようにし続け、遊ぶ時は一緒遊び沢山の愛情で包む。
これが、私たちパートナーのなすべき事だと思っています( *´꒳`*)

 

うさちゃんが飼い主に向けてお辞儀をしている時

これは、挨拶と見せかけて「撫でて♪」の合図です。
オデコなど撫でられるのが大好きなうさちゃんですので、撫でくりまわしてあげて下さい( *´꒳`*)੭

但し、手を鼻でどかした時は「もうそういう気分じゃなくなった」という意味なので気分屋のうさちゃんですが、それも可愛い所と許してあげて下さい( *´꒳`*)

 

手の下に頭を入れてくる時

今すぐ!さぁ早く!撫でて♪素直に撫でくりまわしてあげて下さい(´・ω・`;)

この時に撫でる以外の行為をすると…
うさちゃんは裏切られた気分になってしまうことになるので要注意です!

ちゃちゃの場合ですが、これが多いです(*´∀`)
撫でて!撫でて!そして気持ち良く手の中で寝るという流れが多いです( *´꒳`*)

 

撫でると舐め返してくる時

お返しのつもりか、もっと撫でてのお願い舐めなどが主流です(*´ー`*)

ちゃちゃの場合は、撫でられているとペロペロをしてくれて、その後は飼い主の顔もペロペロとしてくれます。
なので、化粧などせずに舐められても良いような状態を保っています(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

 

噛み付いてくる時

うさちゃんは理由無しに噛むことはしません。

  • 発情期で興奮のあまり噛んでしまった
  • 飼い主がやったことが人目線では良かれと思っていても、うさちゃんにとっては不快であった。
  • 別の動物の匂いがした。
  • ケージなどの縄張りにいきなり入った。
  • 飼い主を下に見ている。

など、そこいう時に噛むことがあります。

ちゃちゃの場合、噛むということは殆どしたことがありません。
ただ、いきなり手を出すと驚いて動いて「手と歯が当たる」ことがあり、これで手が切れたことなどはあります。
これは、私が完全に悪いのでゆっくり動くことを心掛けるようになりました。

 

寝ている時に乗ってくる時

見晴らしが良いところが好きなので、人の背中やお腹に乗って見渡しています。

 

飼い主の後を追ってくる時

2パターンあります。
「プゥプゥ」と言ってついてくる時は飼い主大好き♪と甘えている証拠です。

「ブゥッ!」と言って追いかけてくる感じは縄張りから出ていけ!と威嚇しています。

ちゃちゃの場合、「ブゥッ!」というのは未だに聞いたことがないので何とも言えませんが、プゥプゥ言って足にまとわりついたり、一緒にごろ寝している時に飼い主がトイレなどで、立った時なども「どこいくの!?」と追っかけてきます。
もちろん、こんなことをしてくれると飼い主はキュン死しかけていますヾ(o´▽`)ノ゙ギャハハ♪

 

落ち込んでいる時などに近付いてくる時

うさちゃんは変化などを気付きやすいと思います。
滅多にないので余計になのかも知れませんが、私が相方さんとケンカをしたりしている時、ちゃちゃは心配そうに部屋から見ていたり、落ち込んでちゃちゃの部屋にいると、くっついてきたりしてくれます。
うさちゃんも、こういう空気や飼い主の変化に気付き「なな丸?どうしたんだよ?」と言ってくれてるのだと思います。

そんな時は「ありがとう」と褒めて撫でたら、こういう時の支えになってくれるうさちゃんに育つかも知れませんね( *´꒳`*)

 

家政婦は見た!のようにこっちを見つめている時

好きな飼い主を見ていた。
飼い主何してるんだろ?などを考えている時です。
目があったら「どうしたの?」や名前を呼んで声を掛けてあげて下さい( *´꒳`*)

 

飼い主に背を向けてジッとしている時

スネてます(笑)
遊んで!を無視したり、帰りを待っていたのに遅い!など、うさちゃんはしっかりとスネます(笑)

 

髪の毛をかじってくる時

毛づくろいのつもりか、単純に髪の毛がコードのように感触が好きでかじってしまうのかもです( *´꒳`*)

食べてしまわないように気をつけましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

 

足の間を8の字に回る時

テンションが上がっています♪
飼い主がきてくれて嬉しい♪
などなどです( *´꒳`*)੭
うさちゃんは本当に素直に嬉しい時は嬉しい!イヤな時はイヤ!をしますね( *´꒳`*)
それも可愛いところです♪

 

人が集まっている所に来たがる時

楽しそうだなぁ…
ボクも入りたい!寂しい!という気持ちです。
うさちゃんは元々群れで暮らします。
家族は群れと同じです。
人馴れしていて、人間との距離が近い子は特にこういうことがあります。

ちゃちゃは、もちろんこのタイプです…
私と相方さんが寝室で寝る前話していると「おいらも仲間に入れてよ!2人だけでズルイぞ!」と部屋で騒ぎ出します(´・ω・`;)

初めは、こういう知識がなかったのでわからなかったんですが、これを知り本当に家族なんだなぁとジーンとした記憶があります。

というように、うさちゃんって声帯がないので鳴き声などでは伝えられません。
でも、これまでの内容の通り、沢山のことを家族に発信しています。
これを読み取り接していくことで、より一層絆が深まります。

私たちは初めは本当に何も知らずに、ちゃちゃの気持ちを汲めませんでした。

でも、今は少しはわかるようになり、「こういう時はこれをしてほしい」や「この時間だから、これをするなぁ」など声がなくても、仕草すら見なくてもわかってくるようになりました。

それだけ、ちゃちゃをしっかり見て、何を言いたいのか理解するように努め続ける。これがちゃちゃに対しての礼儀だと思っています。

 

最後に

うさちゃんによって違うこともあるとは思いますが、一例としてこの長い駄文がどなたかの何かの役に立って頂ければ幸いです。

こんなに長く読みづらい文書を最後まで読んでくださりありがとうございました。

最後まで読んで下さったのは、読者様の自分のウサ息子、ウサ娘への愛。
または、ウサギへの興味などでだと思います。
そんな方々の想いは必ず自分のウサ息子、ウサ娘へ伝わります。

すれ違うこともあれば、苛立ちを覚える日もあります。
それでも、家族です。
必ず気持ちは通じます。

温かい皆さんが、明日も1つでも多く笑顔となりますように心から願っております。

ありがとうございました。

-ウサギの気持ちを知る方法
-,

Copyright© ちゃちゃ丸 日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.