ウサギと遊ぶ方法

飼い主の夢!?知ってましたか?うさぎと共に遊ぶ方法(その1)

投稿日:

冒頭のご挨拶

ちゃちゃ丸の相棒 なな丸です♪

ちゃちゃの写真など、ちゃちゃの登場シーンが少なく、何かあったの?とご心配をして下さる方々ありがとうございます( *´꒳`*)

ちゃちゃは、すこぶる元気で最近は部屋に行くと横っ飛びをしながら喜んでくれたり、益々表現がわかりやすくなり元気で健やかに育っております、これも皆様の温かい支えがあってこそです、ありがとうございますm(._.)m

今日は「うさぎのしっぽ」へ行って、オモチャも沢山購入し、その使い心地などなどネタは沢山貯まる一方なのですが、少しばかり人間の大人の都合で申し訳ないのですが、画像の無い文字ベースのブログ更新が続きますが、あと少し駄文にお付き合い下さいませm(._.)m
(私自身も、文字が多いブログは読みづらいと思いますし、早くいつものスタイルにブログを戻したくて仕方ないのですが申し訳ありません…)

これから何回かに渡って、ウサギとの遊び方をテーマにブログを書いて行こうと思います。
やっぱりウサちゃんをお迎えしていると、一緒になって遊べたらどれだけ嬉しいだろうか!など思うことありますよね?(*´ー`*)

私は、最近ちゃちゃの表現が益々わかりやすくなり遊んで遊んで!としてもらうことが多くなってきたので、これは本格的に「ちゃちゃと一緒に遊べる方法を知ろう!」と勉強し始めました(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

ここ数日ブログ更新しなかったのも、遊び方を勉強しておりました(´・ω・`;)

少しずつですが、これから毎日勉強したことを綴って参ります。

ウサちゃんと遊ぶ前の大前提がある!?

それは、スキンシップを増やすことが大事なことであるとのことでした( *´꒳`*)

私はこれを見てまず思ったのが、「スキンシップって…。しょっちゅう、ちゃちゃを撫でたりグルーミングしたりしてるけど…?」と思いました(´ω`;)
しかし、適切なスキンシップの取り方があるとあったので、それから共有させて頂こうと思います。

愛情篭ったマッサージの秘訣とは?

タイトルの通り撫でることにプラスして、マッサージをするということですが、どの場所をどうしたらいいのか?というのを整理していきます。

その前にまず下手に触ってはいけない場所から、ご紹介します。

触ってはならない場所

・尻尾
・お腹
・お尻周り

理由は、デリケートな部分であるため触ることで逆に不調になってしまう可能性もあることから、下手に触りすぎない方が良いとのことでした。

触って嬉しい部位のマッサージ方法

以下の順番は難易度が優しい順に並べていますので、まずはコンプリート出来るようにスキンシップを多くしていくと良いみたいです( *´꒳`*)੭

・背中
頭側からお尻側に手のひらを滑らせるように撫でます。
女の子はお尻の方を撫でられると偽妊娠してしまうことがあるので、控え目にした方が良いとのことです。

・目と鼻の間
毛の流れに沿って、指先を使って上から下へナデナデしてあげます。
この際、手のひらにスッポリ入りたがる子もいるので、そういう場合はスッポリと手でお顔を包みゆっくりと撫でると、よりリラックスしてくれます。

・頰
力を入れずに指先または、人差し指の第二関節を折り曲げ、グルグルと優しく撫でます。

・耳
付け根を指先で優しく揉んであげます。
その後、耳の付け根から耳の先まで優しく撫で上げます。
飼い主さんもリラックスした気持ちで、ノンビリした感じで、モミモミ→下から上へ、スッと撫で上げることを繰り返すと良いようです。

・下アゴ(ここから少し難易度高です)
人差し指、中指、薬指の3本などをランダムに動かし指先で下アゴを断続的に撫でます。
猫ちゃんをゴロゴロと言わせたことがある方は、そのイメージです。

・前足
親指と人差し指で前足を優しく掴み、ワンちゃん、ネコちゃんで言う肉球部分を優しくモミモミしてあげます。

・後ろ足のかかと部分
人差し指などで、かかと部分を軽く押さえ力を入れずにクルクルと回してあげます。

まずは、こんな感じで毎日スキンシップを行い、人に触られることが気持ち良いことであり、怖くないというのを染み込ませていくのがポイントのようです。

これを全てコンプリートした後は、いよいよ…
高難易度「抱っこ」です。

ちゃちゃは、気が向かない時もありますが、まったりしている時や撫でて!とツンツン突いてくる時はマッサージ系は全てコンプリートすることが出来ました( *´꒳`*)

しかし…
「抱っこ」これは過去からの永遠のテーマでした…

でも、いざ!と言う時に抱っこ出来ないのは課題だと思っています。
もしも、地震などがきた時に…などをシミュレーションしているのですが、防災グッズは、ちゃちゃのも用意してあり玄関ですぐに持ち出せるようになっているのですが、パニック状態でちゃちゃをキャリーバッグに入れられるのか?ということが、どうしてもいつも課題であると思っていました。

ただ嫌がるので、いつも諦めてしまいまた今度また今度と課題を積み残してもう1年近いです(´・ω・`;)

このことから、もしもの時のために!と特訓を開始しました!
積み残していた課題に2人で取り組んでおります(๑•̀ㅂ•́)و✧︎

次回予告

明日の記事は、抱っこの仕方の2パターンについて、記載させて頂こうと思います。
もしも、ちゃちゃと同じようにマッサージについてはコンプリートしているけど、抱っこは確かにまだ出来ない…という方がいらっしゃいましたら、明日の記事が参考になればと願っております。

本日も、駄文を最後までご覧頂きありがとうございました。
明日も宜しかったら閲覧頂ければ幸いです♪

-ウサギと遊ぶ方法
-

Copyright© ちゃちゃ丸 日記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.